炭水化物抜きダイエット

30歳も過ぎると代謝も良くないのか、お腹周りのタルミが気になりはじめました。若い時は少しくらい暴飲暴食をしてもあまり気になりませんでしたが、少し不規則な食生活などをするとお腹周りのぜい肉が気になりはじめました。私は白いご飯が大好きで、おかずによっては3杯くらい食べてしまうこともありました。炭水化物の取り過ぎは太る原因というのも知っていたので、辛いですが、食べる量の制限はもっときついかなあと思い炭水化物を抜くダイエットをはじめました。白いご飯の他にも大好きなラーメン、パスタなども食べないようにしました。すると2週間くらいで体重が2キロほど落ちはじめました。まず目標は7キロくらいでしたので、頑張れば2?3ヶ月くらいで目標到達できるかななあと思いはじめました。その後も、炭水化物抜きダイエットを続け3ヶ月で目標の7キロまでは落ちませんでしたが、5キロまでは落とすことができました。ダイエットをやめていう大好きな白いご飯を食べた時の感度は忘れられないくらい美味しかったですが、せっかく痩せた体重を維持したいと思い、ご飯の量はお茶碗の半分にしています。慣れてくると、ご飯の量も慣れ適量になってきてストレスも感じないようになってきました。何事も初めは辛いですが、体を慣らすことでご飯の量も調整できることが実感できました。炭水化物を抜くダイエットは効果的なダイエットです。太りたくない食べたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です